宮司のいい話宮司のいい話 ご相談・お問い合わせ宮司のブログ

宮司のいい話

No.220

人生に失敗はない

「Oリングテスト」というものをご存じですか?

これは二人一組で行います。一人が右手の親指と人差し指で円を作ります。「オッケー」のサインです。そのまま、いい言葉や悪い言葉を言ってみます。その円を作った指を、もう一人の人に両手で開いてもらってください。
もしも、わずかな力で指をこじ開けることができたら、言葉を発した人にとってその言葉はパワーがないということです。こじ開けることができなかったり、大きな力を加えてやっとこじ開けられたら、大きなパワーを持つ言葉ということになります。
「私たちの身体は、ちょっとした言葉一つに繋感に反応してしまうものです。「マイナスの言葉」を言うと、身体がそれに反応して力が抜けてしまい、プラスの言葉」を言うと、逆に力が増してきます。
このテストの結果を、私たちの人生に応用していくとどうでしょう。
いじけてしまい、暗い毎日を過ごしていると、それだけで無駄にパワーを失うことになってしまいます。明るく前向きな考え方で毎日を過ごしていく方が、力強く満ち足りた人生につながります。
つまり、考え方一つ、気持ちの切り替え一つで、パワーは全開になり、人生が変わっていくものなのです。

人生にはさまざまな成功の形、失敗の形がありますが、成功する人には、どこまでも成功を続けるための心の持ち方があり、また世界一を目指す人には、勝ち続けるための心の持ち方があります。
では、人生における失敗、敗北とは何でしょう。アメリカの発明家エジソンが電球を発明した時に受けたインタビューで、「一万回も失敗されたそうですね」と質問され、「私は一回も失敗していません。一万回、電球がつかない方法を発見しただけです」と答えたと言います。

周りからすれば、電球がつかなかったことは紛れもない失敗に見えるのですが、本人にとっては、だめだとわかって一歩前進したということなのです。これこそが、成功を続ける、あるいは勝ち続ける「心の持ち方」なのではないでしょうか。
失敗したと思ってしまえば、そこからパワーが抜けてしまいます。しかし、だめな方法がわかって一歩前進したと思えば、先に進む力がわき出てくるのです。失敗は成功への過程だと考えると、「失敗:マイナス」という考え方はなくなります。

ということは、人生には成功か大成功しかない、とも言えるのではないでしょうか。

昨日のあなたよりも今日のあなた、今日のあなたよりも明日のあなたの方が、何かを体験したり勉強したりして、知識は増えています。昨日と比べて今日の方が成長しているということは、その分、あなたは成功しているのです。

ところが、他人と比べてしまうと、「これくらいの成長ではまだまだ未熟で足りない」「あの人にはとてもかなわない」と判断してしまいます。
しかし、あなた自身として見た場合、確実に前進し、成長しているのです。
そう考えると、人生には成功か大成功しかない、ということもおわかりいただけると思います。私たちは皆、毎日成功を続けています。そのことに気づきさえすれば、無限にパワーがわいてくる人生となるのです。

お問い合わせ

  • 0120-832-154

    ※フリーダイヤルは道内発信のみ

    011-377-3288

    ※電話番号はお間違えのないようご注意ください

    お電話受付時間 10:00~17:00

  • メールでのお問い合わせはこちら