宮司のいい話宮司のいい話 ご相談・お問い合わせ宮司のブログ

除霊神符

除霊神符

除霊神符は、鬼門除神符と同じく札幌八幡宮の大神様の御神託によってできた、当宮にしかない手作りのお札です。

1組4体10,000(清めの塩付き)

家の中で、霊障が起きたり、霊の気配を長期に渡って感じ、怖さや嫌な感じのする場合は、お札で除霊祓をした方が良いですね。
でも、霊の気配を感じても、恐ろしさや嫌な感じがしなければ、あなたを守ってくださる霊かも知れませんので、感謝をしてお戻りいただいてください。

除霊神符は、家(マンション)の中で、外部に面している壁(東西南北)の4面に、のりやテープで貼ってください。
※お札を直接画鋲で貼る事は、神様を刺す事になりますのでお止めください。

次に、各部屋(風呂・トイレ・台所・玄関等)の隅々まで祓えるような場所(入口)から左・右・中央とお塩でお祓いをします。
窓の有る部屋は窓を少し開けてから、少しのお塩を指先でつまみ、部屋の中全体を祓う気持ちで、左・右・中央と祓います。
(たくさんのお塩をまく必要はありません)
その時は、「祓い給え。清め給え」と心の中で、又は声に出して、左・右・中央を1回ずつ真剣に唱えながらお塩で祓います。

祓い終わった部屋の窓は閉めます。総ての部屋や場所を祓う事によって、邪霊は外に追い出され、神様のお力の籠ったお札によって、邪霊は家の中に入れなくなります。

除霊神符をご希望の方は、札幌八幡宮にお電話ください。菊池重敏宮司がお話しを伺い、お札を必要と感じた場合、お札の貼り方を説明し、お札(4体)とお塩をお送り致します。
宮司は不在になる事が多いので、折り返しお電話する事になります。

除霊神符代(10,000円)のお支払いは、お札と共に郵便振替用紙を同封致しますので、至急ご入金ください。
除霊神符は毎年取り替えてください。

お問い合わせ

  • 0120-832-154

    ※フリーダイヤルは道内発信のみ

    011-377-3288

    ※電話番号はお間違えのないようご注意ください

    お電話受付時間 10:00~17:00

  • メールでのお問い合わせはこちら