宮司のいい話宮司のいい話 ご相談・お問い合わせ宮司のブログ

宮司のいい話

No.190

ものの見方

急ぎの仕事をしているとき、時間の感覚で「もう三十分しかない」と「まだ三十分ある」とではずいぶん心の持ち方が変わってきます。前者の方は、あせりを感じてしまいますが、後者の方では、心の落ち着きを感じます。
物事をどのように見るかによって、出てくる言葉も違ってきます。古くから言葉には魂が宿ると考えられています。言霊と言いますが、悪いことを言えば不幸が現れ、いいことを言えば幸せが現れると考えられているのです。
例えば、あるお医者さんのお話で、長い時間をかけて赤ちゃんを手術したとき、次の日に赤ちゃんがミルクを二十

一覧に戻る

お問い合わせ

  • 0120-832-154

    ※フリーダイヤルは道内発信のみ

    011-377-3288

    ※電話番号はお間違えのないようご注意ください

    お電話受付時間 10:00~17:00

  • メールでのお問い合わせはこちら